俺の転落人生語ってく | まとめ物語
まとめ物語 33377838_m.jpg

まとめ物語について   メールフォーム   2chnavi   もしもしアンテナEX(゚ω゚)   アンテナシェア  

このエントリーのはてなブックマーク数 B!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーのはてなブックマーク数 B!

VIP

俺の転落人生語ってく

1: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:20:35.88 ID:sFYa2q7h0

転落って程じゃないかもしれないけど暇だし書いてく
書き溜めとかしてないし文才ないから読みにくいかもしれない
それに気分で途中でやめるかもしれん

それでもいいなら読んでくれ



2: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:22:34.29 ID:sFYa2q7h0

俺は1歳の時に祖父母のところに預けられた
小さい時の事はよく覚えてないけど祖父母は俺のことをかわいがってくれてたと思う。
それで俺は幼稚園児になった。


3: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 00:23:39.88 ID:S2imJKxg0

見てるぞ~



6: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:26:32.46 ID:sFYa2q7h0

>>3
ありがとう

年長組になったとき父が母とわかれた。
俺は祖父母と暮らしてたんだが父と母は俺が居ない間に弟を作り俺の通ってる幼稚園の近くで
3人で暮らしていた。 まぁ育児問題とかで喧嘩してわかれたんだろうな。
それで父親は祖父母に俺は家事ができないから家にきて手伝ってくれ~と言い
父の住んでる家に引っ越すことになった。


4: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:24:25.89 ID:sFYa2q7h0

ここらへんは祖父母から聞いた話だからちょっと曖昧。
せっかく幼稚園に入ったものの 俺は年少組の時は幼稚園にほとんど通わず2ヶ月に1回程度しかいってなかった。
おばあちゃんは俺に甘かったのでそういうのも許してくれてたんだと思う。

たまに行ってもおばあちゃん子なんでおばあちゃんが帰ろうとするといかないでいかないでと号泣したらしい
幼稚園の先生たちはめちゃくちゃ迷惑だったと思う


7: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:27:56.71 ID:sFYa2q7h0

そこで団地で同年代の子供とかも多くて友達もできた。
それで俺は年長組からは幼稚園に通う事ができた。
最初のほうは号泣してたけど、気づけばなかないようになっていたらしい。

そして幼稚園を卒園し、俺は近くにある小学校に通う事になった。


8: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:28:51.77 ID:l9gGPrik0

暇だから読んでる


12: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:31:54.33 ID:sFYa2q7h0

>>8,9
ありがとう 読んでくれている人が居ると嬉しい

小3では何もなくて小4
ここで俺の人生はおかしくなったのかもしれない(ちょっと大げさだが)
クラスのガキ大将みたいな奴が居てそいつがいきなりオレのことをいじめはじめたんだよ。
理由とかはなかったと思う そいつに何かした覚えもないしな。
今思ったら学級委員長になって誇らしげになってた俺に嫉妬したのかもしれない。


10: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:29:49.13 ID:sFYa2q7h0

小学校では頑張ろうと思ってひらがなの書き取りとかをめちゃくちゃ頑張った。
宿題プリントの裏にまでびっしりひらがなを書いてた。
先生はめちゃくちゃ褒めてくれて俺は勉強することの楽しさ、嬉しさをしった。

小2になった時 俺は学級委員長になっていた。
祖父母はめちゃくちゃ喜んでくれていた。
それがすっげえ嬉しかった。 運動会ではクラスが書かれた旗を持って一番まえを行進した。
あのころはすっげえ輝いていた。


11: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:31:12.57 ID:bb6OhtWP0

読んでるぞー


14: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:33:46.31 ID:sFYa2q7h0

>>11
ありがとう

最初は悪口だけだったんだけど次第にエスカレートしていった。
これはチョコだ チョコだぞ?だから目を瞑って口をあけろと言われティッシュを口につめこまれた。
チョコおいしいだろ?ちゃんとかみかみして飲み込めよ?とかそんなこと言われたりした。
俺は泣いてたけどそいつはなくんじゃねえよ!先生に怒られるだろうが!って言われて声も出さずに
ウッ・・・ウッ・・・って嗚咽?を漏らしながら泣いてた。


13: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 00:32:25.19 ID:S2imJKxg0

俺もおばあちゃん子だったな
>>1に共感


16: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:35:52.59 ID:sFYa2q7h0

>>13
おばあちゃん優しいし大好きだった 

家では祖父母と父が優しく俺を迎えてくれる。
だけど学校に行けばいじめられる日々 俺は学校に行きたくなかった。
でも祖父母に心配をかけたくない。 だから無理して学校に行った。
友達はいじめに気付いてたけどガキ大将が怖くて何も行ってくれなかった。
いじめられる場所はいつもトイレだったから先生も気づかなかったし俺も先生に訴える勇気がなかった。


15: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 00:35:38.53 ID:S2imJKxg0

ツライ話しだな
最後まで見届けるぞ


19: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:37:57.91 ID:sFYa2q7h0

>>15
ありがとう 意外と見てくれてる人結構居るんだな なんとか全部書こうと思う。

そんなある日 いつもどおりリビングでお祖母ちゃんと話してたんだ。
だけどいじめのことを思い出して辛くて泣いてしまった。
そのときおじいちゃんもきて2人ともどうした?と言ってくれてすごい心配してくれた。
すげえ嬉しかったけど俺は何も言えなくておばあちゃんの膝の上で30分くらい泣いてた。
言ったらいじめがひどくなるかな・・・でも言わなきゃ・・・ すげえ悩んでたけど
俺は祖父母にいじめられていることを打ち明けた。


17: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:36:16.12 ID:D7FqeWz50

先生に怒られるだろうが
にワロタ


23: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:39:54.45 ID:sFYa2q7h0

>>17 
ガキ大将といえど小学生だしたぶんびびってたんだろうな。

>>18
ありがとう

そしたら祖父母はすぐに行動してくれた。
次の日 学校に通報し ガキ大将の親御さんに電話してくれた。
親御さんは授業参観で見たことあってまさにギャルって感じの人だった。
だけど見た目とは裏腹にすごくいい人ですみません すみませんってすげえ謝ってて
なぜかえんぴつをくれた。
それから俺はいじめられることもなくガキ大将とも仲良くなった。


18: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:37:37.24 ID:7fP7mTvU0

今夜はここに決めた∩゚∀゚∩
>>1見てるからねー


21: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:38:08.63 ID:bb6OhtWP0

辛いな…おれも最後まで見届けるぞー


24: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:41:43.29 ID:sFYa2q7h0

ごめん レス全部返せないかもしれない
だけど見ていってくれたら嬉しい。

だけどいじめが俺の心につけた傷は大きかった。
今まで必死に頑張ってた勉強も次第にしなくなり勉強といえば祖父がやれ!と言って
毎月とってくれていた進研ゼミを毎週日曜日に少しだけやっていただけだった。
もちろん俺は学級委員長ではなくなってた。 ゲームばっかやってた。


25: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:44:03.16 ID:sFYa2q7h0

小4の終わり頃 となり町の小学校から見た目がまんま猿の奴が転校してきた。
こいつが後に色々とやらかしてくれる。
まあ小4はそれだけで終わった。 小5になった時 俺の人生を変えたと言っても
過言ではない事件が起きた。


27: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:45:59.71 ID:sFYa2q7h0

まず1つ目は猿が俺をいじめはじめた事。
同じ団地に住んでる事もあって毎回 荷物持ちをさせられた。
断ったら殴られた。 休み時間にはよーし泣くまで>>1いじめるぞ~!と言われ
泣くまでボコボコにされた。 暴力ははじめてだったので驚いたしめちゃくちゃ辛かった。
もちろん先生は気付いてくれなかった。 


28: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:47:55.72 ID:sFYa2q7h0

そして2つ目
一緒に住んでた父が死んだ。父はうつ病でニートをやってた。
それで毎日と言ってもいいように病院に通ってたんだけど(たぶん睡眠薬とかもらいにいってた)
土曜日は病院が定休日だから毎週毎週 トランプをしてくれた。
ポーカーやブラックジャック すごく楽しかった。


29: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:49:24.44 ID:KhsjJlgl0

まじかよ…


30: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:49:43.16 ID:sFYa2q7h0

父がうつ病になったのは大好きだった母と別れたから。
だから、父もしんどいはずなのに毎週のようにトランプをしてくれた。
死ぬ間際になると手が震えてたし今思えば見るのも辛いくらいだった。
父の死因は睡眠薬の過剰摂取だった。 皮肉なことに父の死体の第1発見者は俺だった。
小学生の俺は死というものがいまいちわからなかった。
なんでお父さん冷たいの?なんで倒れてるの?くらいの気持ちだった。


31: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:51:08.73 ID:sFYa2q7h0

小さな病院の医院長みたいな人と警察が来て家宅捜索みたいなことをされた。
父は変死だったからね。 俺はいまいち何が起きてるのかわからなかったけど
大変なことになってるのはわかった。 おばあちゃんはすげえ泣いてた。
おじいちゃんは父ちゃんと喧嘩したまま別れたからすごく悔しそうだった。


32: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 00:53:35.58 ID:S2imJKxg0

悲しすぎる・・・


33: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:54:09.91 ID:sFYa2q7h0

俺は母のところに葬式が執り行われる日まであずけられた。
今まで書いて来なかったけど母とは少しだけ関わりがあった。
1年に2回くらい母の家に行ったりしてた。
母もすごく泣いてた。 母も父と喧嘩したまま別れた事を後悔していた。 


34: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:55:09.05 ID:CgCqPLH30

マジでおじいちゃんざまああああああああ


35: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:56:06.48 ID:sFYa2q7h0

葬式当日 小さな葬式が執り行われた。 ニートだった父は交友関係があまりなかった為か
参加していたのは親戚のみだった。 本当に小さな小さな葬式だった。 
淡々と事が進み火葬も終わった。 あの火葬場の独特な匂いは今でも忘れられない。
気づけば俺は家にいた。 祖父母にはしばらく学校を休んでいいんだぞと言われた。
いじめと父の死は俺の心に深い闇を落とした。


36: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:56:42.36 ID:bb6OhtWP0

なんか泣けてきた…(´;ω;`)


38: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 00:58:22.79 ID:sFYa2q7h0

式の3日後 俺は突然 リビングのテーブルの上で号泣した。
お風呂あがりにジュースを飲みながらただ考え事してたんだけど父との思い出とかを思い出し
涙が出た。 葬式では泣かなかったのに今度は涙が止まらなかった。
優しかった父はもう居ない。 例えニートだろうと俺の自慢の父だった。
祖父母は優しく抱きしめてくれた。 結局俺は1ヶ月も学校を休んだ。


39: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:00:12.71 ID:sFYa2q7h0

応援ありがとう。

1か月後 学校に行くと猿が話しかけてきた。
またいじめられる日々が始まるのか・・・と思っていたが猿の口から放たれたのは意外な一言だった。
なんかごめんな そう猿が言った。 最初はもちろん驚いたけど嬉しかった。
今まで俺をいじめていたやつがそんなことを言うんだからね。 
それから俺は同じ団地に住むメンバー4人組で仲良く毎日の様に遊んでいた。
スマブラをやったり遊戯王をやったり楽しかった。


40: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 01:02:16.49 ID:S2imJKxg0

猿がここからどうなるのか気になる


41: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:04:13.99 ID:sFYa2q7h0

それからは学校はまぁまぁ楽しかった。
学校では猿や友だちとサッカーをしたりゲームの事について話したり
放課後は毎日のようにスマブラをやった。
だけどやっぱり猿はDQNなんだなと思う出来事が訪れる。


42: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:05:21.77 ID:sFYa2q7h0

近くにあるスーパーで猿が万引きをしてきた。
すげえ楽しいwwwお前らもやれよwwwと言った。
俺は最初 いややめようよ やらないほうがいいよと断った。
だけど猿はああ? 誰が仲良くしてやってると思ってんだ? そう言った。
結局俺は万引きをしてしまった。 


44: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 01:06:39.86 ID:S2imJKxg0

>>42
急展開だな


43: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:06:15.18 ID:sFYa2q7h0

いつしか俺たちはやめられないところまで来ていた。
今日もまた万引きをしなくちゃいけないのか・・・ そう思いその日は
10円のアメ一個だけとった。そしていつもどおり帰ろうとした時
後ろから服を引っ張られた。ちょっと君たち待ってくれないかな?


47: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(2+0:8) 2013/02/12(火) 01:07:31.47 ID:S2imJKxg0

>>43
まさか・・・


48: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:08:00.47 ID:sFYa2q7h0

知らないおばさんだった。 まずい怒られると思って逃げようとしたけど
力が強くて振りほどく事ができなかった。そのまま俺たちは事務所?まで連れて行かれた。
すごく怒られた。学校の先生も来たし友達の1人は泣いてた。 
皆の親が来て俺のところにはお爺ちゃんがきた。
お爺ちゃんは無言のまま近づいてきて俺の事をひっぱたいた。
初めての事で一瞬何が起きたかわからなかった。


49: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:09:08.76 ID:sFYa2q7h0

お爺ちゃんはただ無言だった。無言の圧力って言葉があるけど
本当にその言葉の通り めちゃくちゃ怖かった。
だけど俺が必死に謝ったらもうこんなことするなよ。
そう言って笑ってくれた。 俺たちは弁償をしてそのスーパーの人と俺たちを捕まえたGメンの人に
謝った。


50: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:09:41.86 ID:OkhkBJhp0

あかん
見ていられない
むすこがこうなったらどうしよう


51: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:11:16.77 ID:sFYa2q7h0

家に帰って俺はベッドで寝ているお祖母ちゃんに土下座で謝った。
お祖母ちゃんは父が死んでから数ヶ月は家事・洗濯をしてたんだけどやっぱりこたえたのか
ある日をさかいにベッドで寝込んでしまっていた。
俺は必死に謝った 自分はなんてことをしたんだろうおばあちゃんはこんなにつらそうなのに
俺は大好きなおばあちゃんを更に苦しめる事をやってしまった。 凄く後悔した。


52: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:12:44.28 ID:sFYa2q7h0

俺が謝っているとおばあちゃんがゆっくり起き上がりもう謝らなくていいよ
そんなことより早くしゃぶしゃぶ食べなさい せっかくお爺ちゃんが作ってくれたのに冷めちゃうよ
そう言ってくれた。 俺は泣きながらしゃぶしゃぶを食べた。
それからもう絶対にこんなことはしない 絶対にお祖母ちゃんを悲しませる事はしないそう誓った。


53: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:14:14.00 ID:sFYa2q7h0

それから数ヶ月後 俺は友達と遊んでいた。
外で遊んでいて腹が減ったのでチーズでもくおうかなと思い友達に一旦家にかえるわー
公園で待ってて そう告げ家に帰った。 家に帰り自分の携帯をみてみると着信が入っていた。
留守番電話も入っていたので再生してみるとおじいちゃんだった。
おばあちゃんが入院した。 そう言った。


54: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:16:11.31 ID:sFYa2q7h0

俺はわけがわからなかった。 確かにおばあちゃんは最近寝たきりだったけど
テレビを見たり俺と笑いながら話したり元気だったじゃないか。 
なんで入院なんか・・・ そう思いながら友達のところに戻り ごめんおばあちゃんが入院したらしい
病院にいかなきゃいけないから帰るわと言った。友達は驚いた顔をしてたけど うんわかった。と言い
帰してくれた。猿と遊んでなくてよかった。 
俺は家に帰り準備をして鍵をしめると団地の下におじいちゃんの車が止まっていた。


55: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:18:38.44 ID:sFYa2q7h0

おじいちゃんの車に乗り込み病院に向かう途中 お爺ちゃんに聞いてみた。
何でばあちゃん入院したの? そう聞くとおじいちゃんはう、うん 腰がちょっとやられたみたいでな
まぁ次第に治るよ そう言った。
俺はホッとして車のシートにもたれた。 近くの病院だと思ってたんだが、おじいちゃんはかなり遠くの病院へ向かっていた。
となり町を超えて違う市に入り 県で2番目に大きい市に行った。
そこにある大きな病院におばあちゃんは入院していた。


59: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:20:36.77 ID:sFYa2q7h0

病室につくとおばあちゃんはよくきてくれたね>>1と言ってくれた。
おじいちゃんは先生と話があるからと言ってどこかへ行ってしまった。
おばあちゃんと雑談をしてるとおばあちゃんが早く家に帰りたい。 じいちゃんに言ってくれんかねと
言った。 俺はおじいちゃんに交渉してみることにした。 お祖母ちゃんの病室を後にし
おじいちゃんを探していると先生の部屋?みたいなところがあってそこにおじいちゃんと先生が座っていた。


62: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:22:55.11 ID:sFYa2q7h0

皆ありがとう

そこの病院はちょっと特殊でそういう部屋って締め切られているはずなんだけど
窓ガラスがあって外から丸見えだった。 しかも窓が開いていて、中の会話がところどころ聞こえてきた。
俺は耳をこらし二人の話を聞いた。ナースの声や患者の声に邪魔をされほとんど聞き取れなかったが
一文だけ聞き取ることができた。先生は、
「抗癌剤で治療していき様子を見ようと思います。」確かにそういったのだ。


63: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:25:11.04 ID:sFYa2q7h0

俺が中学生や高校生だったらたぶんそこで俺はショックで動けなくなってたと思う。
だけど俺は小学生。 知識も乏しいしアニメやゲームばっかしてたから医療関係の事なんてわからない。
だからこうがんざい?なにそれ?って感じだった。 俺はおばあちゃんの病室へ向かいおばあちゃんに
先生がなんかねー 抗癌剤で治療するとかなんとかいってたよーそう言った。
俺はこの頃の俺をタイムスリップしてでもぶん殴ってやりたい。 
お祖母ちゃんは一瞬驚いた顔をしたけどそうなんだ・・・。 そりゃ大変だねえ
そう言った。


64: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 01:27:27.81 ID:S2imJKxg0

涙でるな


65: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:27:31.33 ID:sFYa2q7h0

それから俺とお爺ちゃんはお祖母ちゃんと雑談をしたりした。
途中でお祖母ちゃんは眠ってしまったが俺はお祖母ちゃんの横でずっとゲームをしてた。
面会時間が終わり帰ることになり俺とお爺ちゃんは駐車場へ向かった。
駐車場でずっと黙ってたお爺ちゃんがやっと口を開けてくれた。


66: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:29:41.57 ID:sFYa2q7h0

>>1 辛い話だけどな よく聞いてくれ。ばーちゃんは子宮がんなんだ。
余命は1,2ヶ月らしい。 抗癌剤は知らなかったけど医療ドラマとかで
がんで患者が死んでいくところとかは見ていた。 なので俺はめちゃくちゃ驚いた。
ずっと腰が痛いだけだと思ってたし1週間もしたら病院を退院していつもどおりの日常に戻る。
そう思ってたから。


67: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:30:51.67 ID:sFYa2q7h0

俺はわけが分からなかった。 なんでおばあちゃんがガンに?
なんでこんなことになったんだ・・・。 車の中は真っ暗でよく見えなかったけど
お爺ちゃんはハンカチを目に当てていた。
それから俺たちは無言で家まで帰った。 


68: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:32:16.50 ID:sFYa2q7h0

俺は学校を休み毎日のようにおばあちゃんの病室へと行った。
おばあちゃんはずっとベットの上だったけどすごい元気で>>1 バナナ食べなさい
牛乳飲みなさい このお菓子食べる?とか色々なものをくれた。 
ガンだとは思わせないくらい明るかった。 お爺ちゃんはその光景をただただ悲しげに見ていた。


70: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:35:28.19 ID:sFYa2q7h0

次の日 お祖母ちゃんの妹や親戚がきてくれた。 その日お祖母ちゃんは何かの検査をしてた。
よく覚えてないけど待合室でおばあちゃんの妹とかと話したのを覚えている。妹はすごく泣いてて妹の旦那さんは
>>1君 辛いはずなのに泣かずに偉いなあといってくれた。
検査が終わり病室でおばあちゃんと妹はふたりきりで色々と話しその日は妹達は帰っていった。


72: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:37:12.21 ID:sFYa2q7h0

その次の日からお祖母ちゃんは何かおかしくなった。
俺の前では普通なんだけどお爺ちゃんの前では家に帰りたい!家に帰りたい!とだだをこねはじめた。
ただただかわいそうで何も出来ない俺に一番腹が経った。


73: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:38:41.43 ID:sFYa2q7h0

お爺ちゃんは決意を決め抗癌剤なども処方せず最後までお祖母ちゃんを看取ってあげる事を決めた。
その後 俺たちは家に戻ってきた。 久しぶりに3人で。
おばあちゃんはすっげえ喜んでいた。 俺も嬉しかった。
その日はおばあちゃんのベッドの横でご飯を食った。


74: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:39:46.02 ID:sFYa2q7h0

それから3日 何事もなく日は過ぎていった。こういう時は旅行とか行けばいいんだろうけど
お祖母ちゃんはベッドから起き上がる事もできず旅行に行くことすら出来ない状態だった。
それでも意識だけは保って俺に話しかけてくれていた。
そんな時でも俺はゲームをしてた。


75: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:41:51.46 ID:hJNTT++G0

泣けるなぁ…


76: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:42:25.19 ID:sFYa2q7h0

そして三日目 隣の部屋でゲームをしてるとお爺ちゃんが大慌てで俺の元にやってきて
>>1 おばあちゃんがわしと>>1を読んでる 早く行ってあげなさい そう言った。
突然どうしたんだと思いおばあちゃんの元に行ってあげるとおばあちゃんが俺に必死に語りかけてきた。
>>1の結婚式まで元気で生きるって約束したのにごめんね・・・本当にごめんね・・・そう言った。
じいちゃん 優しい介護ありがとうね 本当にありがとう。おばあちゃんは声を振り絞ってそういった。
お爺ちゃんはいいんだよそんなのと泣きながら言っていた。俺は何も言えなかった。
それからお祖母ちゃんは意識不明となった。


77: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:44:55.45 ID:sFYa2q7h0

ドラマみたいな話だけど全部実話なんだ。釣りと思ってくれても良い。
あんまり現実味がないから。だけど読んでくれてありがとう。

次の日 おばあちゃんの妹が来ておじいちゃんにお兄さんもつかれたでしょ。
私が看病するから少し休憩してください。と言った。
その日だけ妹は泊まり次の日帰っていった。
違う県に住んでるのにわざわざこんな遠くまで一人できて 本当におばあちゃんは愛されてるなと思った。


78: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:46:33.28 ID:sFYa2q7h0

妹が帰った日 おばあちゃんの横でゲームをやってると変な匂いがしてきた。
今まで匂ったことのない 独特な匂い。
死のにおいっていうのはあの事をいうんだと思う。 
その次の日の深夜 突然お爺ちゃんに起こされた。
おばあちゃんが死んだ・・・


88: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:59:43.27 ID:SB+GAfVUO

>>78
死の匂い、わかる
入院してたときに病室から匂ってた
看護士たちは「どうせ食べないんだからオニギリにしようよ、新米だから美味しいよ!」なんてはしゃいでんの
俺がそれを睨んでたら、
「○○さんも食べなよ、新米だからさ」ってラップのオニギリ渡されそうになったけど、
ふざけんな!つって点滴全部外してタクシーで帰ったわ
病院なんかで死んじゃダメだ
おばあちゃんはお家で亡くなることができて幸せだったと思うよ


90: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:01:47.77 ID:sFYa2q7h0

>>88
僕も火葬場でおにぎりを出されたんですが食べる気にはなりませんでした。
病院や火葬場なんかで食べ物を出されてもとても食べる気になんかなりませんよね。
本当に祖母は幸せだったと思います。 1週間しかみてあげることが出来なかったけど
苦しむ事もなく眠るように亡くなったので良かったんじゃないかと思います。


79: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:47:49.45 ID:sFYa2q7h0

お祖母ちゃんは余命1ヶ月と言われていたのに退院してたった1週間で死んでしまった。
お爺ちゃんはすごい泣いてたが一度も苦しむこともなく最後にあんな事まで言ってくれて
わしらとお祖母ちゃんはすごい幸せだったと思うよ そう言った。
今度は母が迎えに来てくれて辛かったね そう言ってくれた。 


80: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:49:29.34 ID:sFYa2q7h0

葬式の日まで母の家で過ごし、葬式の日 家に帰った。
葬式は団地の集会所で行われ 大きいものとなった。
団地の人ほとんどが参加してくれ 俺はそこの最前列に座った。
集会所の外にある桜の花びらが散り始めていた季節だった。


81: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:49:27.69 ID:EbQ/iPFr0

うちのばあちゃんも亡くなる本当直前にみんなにお礼言った
本人には最期がわかるのかな


82: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:52:07.75 ID:sFYa2q7h0

>>81
たぶん本人はわかるんだろうね・・・ 感覚というかなんとなく

火葬前に俺はお祖母ちゃんにさよなら そう一言言った。
納骨の時お祖母ちゃんが生前痛い痛いと言っていた腰の部分?とおもわれる骨が真っ黒だった。
お爺ちゃんは泣きながら骨を拾っていた。 俺は実感がわかないというか物事が起きるのがあっというますぎて
泣くことができなかった。


83: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:53:41.64 ID:sFYa2q7h0

家に帰ってベッドを見てみる。
そこにはいつも居たはずのおばあちゃんが居なくて俺はその時はじめてああ、おばあちゃん本当に
いなくなっちゃったんだな・・・ そう思って初めて涙が溢れた。
お爺ちゃんの膝の上でずっと泣いて泣き止んだ時にはお爺ちゃんのズボンはびしょびしょになっていた。


84: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:54:19.80 ID:mjpk7hVD0

>>1は今何歳なの?


86: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:57:33.73 ID:sFYa2q7h0

>>84
未成年とだけ・・・。 ガキがいっちょまえに語ってすみません。

だけど俺は気付いた。お爺ちゃんがつかれていることを
考えてみれば当然のことだ。病気で寝込んでいるおばあちゃんを看病し
息子にも死なれ何十年も付き添った嫁にも死なれ精神的にも体力的にもつかれている事はわかった。
それで俺は決意した。 母のところへ行くことを


85: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:55:30.29 ID:sFYa2q7h0

それから俺はまた1ヶ月学校を休んだ。
その時お爺ちゃんは色々なところへ連れて行ってくれた。
おじいちゃんとお祖母ちゃん 父が親子3人で暮らした家のあった場所。
俺が生まれた病院 大阪 色々なところへいった。


87: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 01:59:09.86 ID:sFYa2q7h0

母に電話をかけてみると全然いいよ いつでも来なさいそう言ってくれた。
仲が良かった弟はこれでいつでもゲームの通信が出来るね!と喜んでくれた。
俺は小学校を卒業したら母のもとへ向かうことを完全に決めた。
お爺ちゃんも頑張ってこいよ そう言ってくれた。
それからは何事もなく小学校を卒業し母のところへ向かった。


89: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:00:09.00 ID:sFYa2q7h0

これで小学生編は終わりです。転落人生と言ったら大げさだけど
激動の6年間でした。 中学生編はすぐ終わるとおもいます。
中学生編まで書いて寝ようと思います。 
見てくれている方ありがとうございます。


91: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:03:48.35 ID:sFYa2q7h0

それじゃあ中学生編書いていこうと思います。 もう少しだけ付き合ってください。
祖父に迷惑をかけないために母のところへ行くことを決意した俺。
祖父との別れはすごく辛かったけどそれを乗り越え俺は母の家に来ました。
母や弟は暖かく迎えてくれ新たな生活が待っていると思い心のなかはワクワクであふれていました。


92: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:04:39.22 ID:lFcEqwpG0

>>91
大変だったんだな
見てるよ


93: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:06:06.90 ID:sFYa2q7h0

入学式も無事終わり次の登校日 
休み時間 クラスの皆が他のクラスに行き教室では俺一人ぼっちでした。
転校生みたいなもんなので友達なんか一人も居らずただ教室で座っていました。
そんな僕に話しかけてくれた子がいました。
皮肉なことにその子も見た目が猿みたいなのですが小学生の頃の猿とは違い
ミニモンキー?猿の子供?みたいな見た目でとてもやさしそうな顔でした。


94: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:08:15.78 ID:sFYa2q7h0

>>92
ありがとうございます。 ちょっと眠くなってきましたが頑張ってかこうと思います。

結局その子(以下モンキー)と仲良くなりモンキーを筆頭に色々な友達が出来ました。
母が住んでいる市は県庁所在地で僕が住んでいる県の中で一番都会でした。
今まで田舎に住んでいた僕には見たことないものや体験したことのないことがたくさんあり
とても楽しかったです。


95: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:09:56.80 ID:sFYa2q7h0

メシウマ展開はちょっと出てこないかもしれません。
ここらへんはあんまりつまらないと思いますが見ていただけると嬉しいです。

モンキーはテニス部に入り僕はどの部活に入ろうかと迷っていたんですが結局帰宅部にしました。
小学校低学年の時は運動神経バツグンだったんですが父が死んでからあまり運動しておらず
ゲームばっかだったし文化部もあまり魅力がなかったので帰宅部にしました。


96: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:11:26.59 ID:sFYa2q7h0

毎日学校に行って放課後は友だちと遊んだりゲームをしたりそんな毎日を過ごしている時に
僕はインターネットと知り合いました。その頃流行っていたブラウザゲームにハマりリアルの友達も巻き込んで
毎日没頭しました。
だけど中学1年生の頃は本当にネットゲームと友達を両立させて毎日を楽しんでいました。
後から思えばあの時が一番楽しかったかもしれません。


97: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:13:00.39 ID:SB+GAfVUO

>>1
無理しなくても明日も見てるから大丈夫だ
ちなみに俺がオニギリ断ったのは、病院だからじゃなくて、どうせ食べないからと言って、亡くなりそうな患者さんに夕飯すら渡さないでジャーで握り飯作ってたから。
亡くなりそうだったとしても最低限のことやれよってめちゃくちゃ腹が立ったんだ。
>>1
未成年なんだな
なんとかしてやりたい


100: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:17:11.30 ID:sFYa2q7h0

>>97
お気遣いありがとうございます。今日中に書き終わりたいので最後まで書こうとおもいます。
なるほど 確かに気を使うべきですよね せめて病院食だけでも出すべきだなとおもいます。

夏休みはネトゲをやったり友達と映画にいったり弟と遊んだりして過ごしていました。
そんなある日 メールをしていた女の子から夏祭り行かない?と誘われます。
僕を含め男子3人 女子3人で行くらしくこんなのはじめてだったのでどうすればいいかわかりませんでした。


110: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:35:25.75 ID:4HDgYf8e0

>>97だが読んでいるぞ


98: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:13:06.10 ID:sFYa2q7h0

けど肝心の勉強は全くしてませんでした。
父が死んでからやっていた進研ゼミにも手をつけなくなりました。
中学に入ってからも遊んでばかりで授業中は友だちと話したり寝てばっかりでした。
そんなことをしてるうちに夏休みに突入しました。


99: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 02:14:07.95 ID:S2imJKxg0

少しウトウトしたけど見てるぞ~


101: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:19:00.36 ID:sFYa2q7h0

>>99
すみません僕もちょっとウトウトしてますw

とりあえずOKしとくかと思いOKし夏祭り当日
女の子たちは浴衣姿でした。
けどやっぱり中学生。 男子も女子も会話はぎこちなく無言が多く
結局何もしないまま花火を見て帰りました。


102: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:20:29.57 ID:sFYa2q7h0

それから女の子たちは何も進展がなく友達と遊んだりして過ごし
夏休みは終わりました。
そして秋 僕はモンキーにテニス部入れよと言われ 暇だったので入部することにしました。
ただ、顧問がかなり厳しく練習もキツく僕は病んで学校を休み心療内科に通う事になりました。


103: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:22:13.10 ID:sFYa2q7h0

病んだと書きましたがそれはただの僕の思い込みで結局ボクはうつ病でもなんでもありませんでした。
勇気を出し顧問に部活をやめると言い部活をやめました。 結局入部してたのはたった5ヶ月でした。
そして僕は中学2年生になりました。
友達も部活が忙しくなり友達と遊ぶ事はほぼなくなりました。


104: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:24:12.83 ID:sFYa2q7h0

することがないのでネトゲに没頭する日々 課金も激しくなりました。
そんなある日 些細なことでモンキーと喧嘩してしまいます。
相手はどう思ってるかはわかりませんが僕はモンキーのことを親友だと思っていました。
一人ぼっちだった僕に話しかけてくれる大切な親友。 だから僕はとてもショックでした。
一方的にあっちは色々言って来ましたが僕は何も言い返すことができず影でグチグチと
なんなんだあいつ・・・というだけでした。


105: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:26:14.07 ID:sFYa2q7h0

モンキーとの喧嘩の途中 僕は同じクラスになったとある女の子に恋をしました。
凄く可愛くてメアドをゲットした時はすごく嬉しかったです。
毎日その子をチラチラ見たり家に帰ったらメールをしたり・・・。


106: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:27:18.55 ID:sFYa2q7h0

チキンな僕はそれくらいのことしか出来ませんでした。
そんなある日 その子に>>1って好きな子とか居る?と言われます。
僕はその時の勢いで●●が好きだと言ってしまいました。
結局結果は・・・惨敗でした。
見事なまでに振られました。


107: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:28:31.02 ID:sFYa2q7h0

豆腐メンタルな僕は学校にいくのが怖くなりました。広められていたらどうしようとか
メールで告白とか何やってんだ俺 恥ずかしすぎだろと不安と怒りがごちゃごちゃになってました。
学校では何事もなかったので良かったですがその子とは気まずくなりメールはしなくなりました。


108: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:29:47.97 ID:sFYa2q7h0

そして夏休み 相変わらず僕はネットゲームに没頭していました。
そんなある日モンキーがログインします。 そこで悪口を言われると思ったんですが
なんか色々と悪かったな もう気にしてねえからと言われ仲直りをします。
とても嬉しかった。 親友と仲直りを出来たから。 


109: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:33:49.67 ID:sFYa2q7h0

それからモンキーもキツい顧問に愛想がついて部活をやめ帰宅部になり、キタクブの皆で遊ぶことが多くなりました。
自転車で色々なところに行ったりとても楽しかった。 隣の県まで帰宅部の皆でチャリンコを漕いで行ったのは中学一番の思い出です。
しかし、僕は学校を休みがちになります。
夏休みが終わって学校がはじまるのですが休み癖がついてしまって学校は1週間に1回行くかいかないかになりました。


111: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:36:16.81 ID:sFYa2q7h0

文章ぐちゃぐちゃですみません。
もちろん学校は行かないので母にはPCを没収され怒った僕は人生で初めての家出をしました。
財布を握りしめ、全財産を使ってたったひとりで祖父のとこまで向かいました。
もちろん祖父にはこっぴどく怒られました。だけど祖父はいつもの優しさを見せてくれ
数日たったから帰ってお母さんに謝りなさい そして学校へいけよ といってくれました。


112: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:37:45.49 ID:sFYa2q7h0

>>110
ありがとうございます。

母のもとへ帰り母に謝ると母はもういいからちゃんと学校いきなさいよと言ってくれました。
それから僕は学校へ行きます。授業中は寝てる事が多かったのですがちゃんと出席だけはしていました。


113: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:37:54.79 ID:4HDgYf8e0

>>111
>文章ぐちゃぐちゃですみません

や、>>1
文章うまいよ、読みやすいし自身を持て


116: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:40:33.37 ID:sFYa2q7h0

>>113,114
ありがとうございます。
そう言っていただけると嬉しいです。

遊んでばっかの僕にも夢があります。
ネットでたまたまその職に就いてる人を見つけかっこいいなーと思っただけなんですけど
その職に将来つきたいなーと憧れていました。
近くの高校にその事について学べる学科があり、そこに行こうかなーと僕は思っていました。


115: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:38:58.66 ID:sFYa2q7h0

中学3年生になり 中3と言えば受験 高校進学の時期です。
友人たちは受験で忙しくなり遊ぶ事も少なくなります。
そんな大変な時期でも僕達帰宅部は遊んでばっかりでした。


117: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:42:13.80 ID:sFYa2q7h0

だけどそこは偏差値が高く競争率も高いので中1から勉強をしていない僕には
かなり難しい。担任にはそう言われました。
もちろん勉強は出来てないしこのままじゃまずいとは思ってました。だけどなかなか勉強する気にはなれませんでした。
行くとなると中1の範囲からやり直さなければならないし間に合うのか?絶対無理だと決めつけ
勉強をせず結局ネットゲームばかりやっていました。


118: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:42:28.91 ID:4HDgYf8e0

>>1
俺、灯油買ってくるからゆっくりでいいから書いてくれ
必ず戻ってくるよ


120: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:45:32.62 ID:sFYa2q7h0

>>118
ありがとうございます。 自分のペースで書いていこうと思います。
気をつけていってきてください。

>>1君 高校どうするの?もう後がないんじゃないの?
そう言われ僕は何も言えなくなりました。
もちろんこんな僕が行けるのは地元の底辺高校です
担任にはそこすら危ういと言われました。


119: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:44:12.78 ID:sFYa2q7h0

一時は副担任に頼み放課後勉強を教えて下さいとは言ってたのですがやる気がなくなり
その放課後勉強も数ヶ月もすれば行かなくなっていました。
夏休みはネットゲームだけして気づけば終わっていました。
冬になり学校から帰ろうとしていると担任に話しかけられました


121: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:46:42.40 ID:sFYa2q7h0

普通の人ならここで見返してやる!と思い必死で勉強すると思います。
だけど僕は担任に勉強教えてやるから放課後のこれと言われのんびり学校で1時間勉強するだけで
家に帰るとネットゲームばかりやっていました。
とにかく中卒だけは嫌なので学校だけで勉強は頑張りました。


122: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:48:42.58 ID:sFYa2q7h0

そして年を越し冬 底辺高校の受験がありました。
もちろん合格はしました。 ちょっとは喜びました。
だけど喜びなんかより後悔ばかりでした。 もう僕の行きたかった高校の受験は
後2ヶ月くらいしかないしもう手遅れ そしてもっと勉強してればそこにいけてたのにな・・・
そう思い 僕は公立受験を諦めました。


123: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:49:48.90 ID:HzcSFxw30

てことは私立受験なのか?


126: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:52:30.33 ID:sFYa2q7h0

>>123
はい私立受験です。 地方の底辺私立です。

ゆとりの拙い文章に付き合っていただけてありがとうございました。
こんな夜おそくまで読んでくれている人が居て嬉しいです。

ちなみに僕が憧れているのはデザイナーで公立のデザイン学科がある高校に行こうと思っていました。
僕は今デザインを学ぶために行きたい大学があるのですがもちろん中学の勉強もしなきゃいけないし
大変だと思います。 将来のことを考えていると不安になり昔の事を思い出しました。
そして昔の事をここに吐き出そうと思い書き始めました。


124: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:49:57.88 ID:sFYa2q7h0

とてもいいにくいのですがそれが1ヶ月前の話です。
僕は今中学3年生です。 スレをたてようと思ったのは
暇だったのもありますがこの話は家族くらいにしか話したことがなかったので
誰かにきいてほしいと思ったからです。


125: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:51:55.67 ID:bb6OhtWP0

>>124
辛かったな
これからいいこといっぱいあるよ
底辺高校でもまだ大学がある!
勉強すれば行きたい大学にも行けるようになる!
高校だけは無駄に過ごしちゃダメだ!
>>1にはほんとに幸せになってほしい


127: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:53:40.43 ID:sFYa2q7h0

>>125
ありがとうございます。
本当に高校では頑張りたい。 勉強もちゃんとやって。 夢を叶えたいって切実に思ってます。
応援してくれてありがとうございます。 


128: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:54:24.85 ID:lFcEqwpG0

>>124
最近の話だったのか
高校に入ってからでも勉強はできるし、夢を諦めることはないと思うよ!
>>1はこれから幸せになるんだよ!


129: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:55:47.52 ID:sFYa2q7h0

>>128
ありがとうございます。
めんどくさがりですぐ諦めてしまう自分を高校で変えられたらなって思います。

転落人生ってのはちょっと大げさでしたね・・・。
でも、びっぷらがこんなにあたたかいとは思ってませんでした。
びっぷらでのスレたては初めてですごく緊張したんですがまさか100を超えるとは思いませんでした。
本当にありがとうございます。


130: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 02:59:07.65 ID:sFYa2q7h0

本当に夜おそくまで付き合ってくださってありがとうございました。
このダメダメな自分を高校で変えて行きたい大学に合格出来たらいいなって思います。
勉強頑張ります。 お疲れ様でした。
それでは明日も学校があるので落ちます。


131: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:00:15.14 ID:5zdJxsHc0

まだまだこれからさー


132: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:00:47.37 ID:fM5sabai0

頑張れよ!


133: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:01:22.51 ID:5qICX0Q30

>>1
不安に負けちゃだめだよ!
まだまだいくらでも取り返せるさ
気付けてるならやれるよ
応援してるからこれから頑張れよ^^


136: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:16:22.46 ID:qNLBauYr0

うん、色々辛いこと悲しいことあったな
でも君が祖父母や父親に可愛がられて来た事は本当に幸いなんだ
人が幸せに生きるために必要な一番大事な事なんだよ、君はそれをしっかり受け取った
今は実感無いかも知れないけど、例えば君を虐めた猿君なんかは君より愛を得ていなかったと思う
だから君が羨ましかったんだな
純粋で素直な君は、そんな心が少しささくれた彼からの仕打ちにショックを受けたのだけど、心が闇に落ちたと思うのは早計だ
デザインの仕事は感性もあるけど、レベルの高い作品や作家から刺激を受けてコツコツ練習することだよ
だから全然遅くないし、なるべく高校生活を楽しむようにな
君は幸せな少年だぞ!


137: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:25:41.58 ID:4HDgYf8e0

だよな、
これからの10年ってきっと>>1にとって、
生涯の中で一番楽しい時期になると思うぞ

あと、余計なことかもしれないが、
ちょっと探してみた
これなら高校生でも問題なく挑戦できる
興味があったらやってしてみるといい
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1358373399/

>>1の文章は人に不愉快な気持ちをおこさせない
素直な文章なんだ
しれは簡単なようで、じつは難しいことを>>1はやってのけている

道はいっぱいある
どの道を選ぶのかは1次第なんだ

未来は自分で創り出すものなんだよ


138: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:27:07.78 ID:4HDgYf8e0

連投スマン、
しれは×
これは○


139: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:40:31.16 ID:bnt6SFGX0

>>1は、つらいことがあったかもしれないが、少し意志が弱いのかもしれないな。
目標を立てたなら、目標を達成するには、いつまでに何をしなきゃいけないかを考えてみるんだ。
例えば毎週、英単語100個覚えるって決めたら、1日15個覚えるか、それとも3日で45個覚えるかとかね。大きな目標をいきなり達成するのは無理だから、小さな目標に分解して、小さな目標を達成していけばいい。
余裕があれば、ビジネス用語だが、「WBS(作業分解図)」「PDCAサイクル」で検索してみてくれ。


140: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 03:59:06.02 ID:CgCqPLH30

どうして父親はうつ病になるほど追い詰められたの?
そうなる前に対処できなかったの?


141: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 04:05:26.47 ID:4HDgYf8e0

>>140
君にそのことを聞く資格があるのか過去のレスを見ろ

実際に鬱のメカニズムは現在だって本当のところはわかっていない
そして、亡くなった父親は
死にたくて死んだのではないぞ

自殺する人の殆どは死にたくて死んでいるのではない
自分がいては迷惑になると思ってしまったり、
自分さえいなければと他人を思いやる気持ちがあってこそ


142: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 04:09:33.27 ID:Oxzr+GWr0

>>140
まだ幼かった>>1にはわからないだろうし、多分知らない方がいいんじゃないかな(´・ω・`)?
人それぞれ背負うものも物の感じ方も違うんだ


143: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:8) 2013/02/12(火) 06:57:42.08 ID:S2imJKxg0

最初から見届けたかいあったな
>>1が中3とは驚いたよ
文才あるよ


144: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 07:41:18.97 ID:3xAGWxgb0

おじいちゃんのところにはよく遊びに行ってるの?
確かにおじいちゃんは疲れていただろうし、家を出た>>1の決断は偉いと思うけど、
おじいちゃんからしたら息子が死んで嫁が死んで、孫に出て行かれて一人になってキツくないかなぁ
高校生になると余計会いに行く時間がなくなると思うから意識して行くようにしれ


145: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 08:22:19.45 ID:rRXIRh1mP

癌で亡くなったお爺ちゃんや、
優しかったお婆ちゃんの事思い出して朝から泣いたよ。

1のおじいちゃんってまだ定年前?あと、お父さんに兄弟っているの?
できれば1にはお爺ちゃんの側にいて、爺ちゃんが定年になったら1が新聞配達でもして
家計を支えて頑張って欲しかったな。嫁と息子に先立たれて、
楽しみだったも孫の成長も見れなくて一気に老け込んじゃわないか、ボケないか心配だな。

お婆ちゃんもきっとお爺ちゃんの事心配してると思うし、嫁に先立たれた男の人は、
大抵後を追うように長生きしないから。
お父さんが一人っ子なら跡取り居なくてお爺ちゃんの代で家が潰れたら相当応えると思う。
とにかく、後あと後悔しないようにお爺ちゃんとはマメに連絡とってあげてね。

お爺ちゃんとお母さんと1と弟は一緒に住めないの?


146: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 09:50:56.83 ID:IRxI96jL0

父方のお爺ちゃんなんだから父と離婚してる母とお爺ちゃんの同居は無理じゃないか?

1頑張れよー!
応援してるからな


150: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 13:48:17.01 ID:IoK8/F/10

>>146の言うとおり母と祖父は仲が悪いわけではないのですがやっぱり同居は
難しいとおもいます。 それでつい最近 祖父に二人で一緒に住まないかと提案してみました。
祖父がこっちにくる形で。そしたら祖父はとても喜んでくれていて提案してよかったなって思いました。
今はお金を貯めている状態なのでいつになるかはわかりませんが今年中には・・・。

バイトをしてお金をためて少しでも祖父の負担を減らしたいなと思ってます。


151: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 13:57:54.53 ID:lFcEqwpG0

>>150
おじいちゃん相当嬉しいと思うよ
>>1も無理しすぎないようにね


153: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 15:14:51.28 ID:qNLBauYr0

>>150
俺もじいちゃん子だったから、よくカレーとか作りに通ってたよ
その度に昔話のループだったけど、戦前の話やら中々面白かった

君は偉いな

ただ同居じゃなくてバイクの免許取って時々通うって手もあるんだぜ

親や祖父母からしたら、君が一人前に独り立ち出来るのが何よりの孝行だよ

今後、君は転落とか言ってないで好きなことガンガンやって、その道へ進むもよし
ライフワークとして、生計立てる手段とは分けて他の職に着くのもよしだ


159: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 19:12:44.73 ID:rRXIRh1mP

>>150
1はいい子だね。
お金貯めてるのか~バイトに時間割き過ぎて1が高校もまともに行けないとじいちゃんも辛いと思うし、1の人生が狂ったら自分のせいだって思うかもしれないから、バイトは程々に、ちゃんと勉強もするんだよ。


147: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 12:29:03.83 ID:XB//3Tle0

頑張れ!今からでも全然遅くないよ!
おじいちゃんきっと寂しがってるだろうから、少なくとも月イチくらいで会いに行ってあげて欲しい
おじいちゃんと会うまでの1ヶ月で本気になったらたくさんのことが出来るよ
まだまだこれから、頑張れ!


148: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 13:42:15.28 ID:IoK8/F/10

>>1です。
まさかまだスレ残ってるとは思いませんでした。
父がうつ病になった理由は母との喧嘩が理由、としか聞かされていません。
まだ幼かった僕には何もすることができませんでした。
祖父も仕事が忙しく祖母は僕の世話で忙しくて父には何もしてあげられなかったんだと思います。
一緒に住み始めた頃には既にうつ病だったみたいですし。
既にうつ病だったんだと思います。


149: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 13:45:58.24 ID:IoK8/F/10

父に兄弟はいません。祖父は定年を迎えていて現在70代後半です。
同じ県とはいえ離れたところで一人暮らしをしているので祖父の事はとても不安です。
1ヶ月に1,2回会ってるのですが去年の夏 旅行に行った時 >>1が母のところへ行くって
自分で言ってくれたのは嬉しかったんだけど少しさみしかったよと初めて言われました。


152: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 14:44:16.89 ID:3IjC6LI90

全然転落じゃない、まだ東大早慶いける!なんて無責任な事は
言わないがこれからだって
自分なりの幸せ探していけばいい


154: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 15:39:19.50 ID:dFaZZd3DP

ただの甘ったれたガキじゃねーか


155: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 15:55:11.99 ID:jCzTUXT00

>>154
確かに>>1は自分に甘い部分ある
けどこれから頑張ろうとしてるじゃん
若い芽を摘むような事言うなよ
まだ全然取り返せる
何事も本人次第だよ
>>1もネトゲにハマらず勉強に励んで祖父孝行がんばれよな


156: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 16:20:40.05 ID:xig6wXaR0

高卒糞ニートからアドバイス。
高校の勉強はきちんとしとけよ。
俺も中学から勉強しなくなって、成績は下から数えたほうが早かった。周りは進学するのに自分だけニートは恥ずかしいからね。
一年塾に通って勉強して、公務員試験受かったから>>1も頑張れ。今の世の中は学歴社会だからな。


157: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 18:13:38.24 ID:h2D99qHb0

今カメラマン、元デザイナーの俺がアドバイス。いろんな作品見て、真似でもいいから自分の作品をいろいろ作れ。それをいろんなところに見せればそのうち仕事もらえるよ。中坊じゃまだわからんかもしれんが。


158: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 19:07:04.35 ID:zWaxVtkw0

おばあちゃんのくだりで泣いてしまった。
>>1は文才もあるし、国語力はあるから、ちゃんとやり直せば取り返せるよ!
少しずつでも諦めないで、妥協しなければちゃんと納得できる結果がついてくるよ。
辛いことがたくさん続いて無気力になってしまったのは残念だったけど、失敗は今後に活かさなければ失敗のまま。
あとネトゲは膨大な時間を無駄にするから、ほどほどにね。長文スマソ


160: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 19:13:53.47 ID:0IGC4qW90

底辺高校だからってそんなに悲観すんな
専門学校だって大学だってあるよ
まだこれからだ
頑張れ!


161: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 19:22:54.73 ID:+uy6gwBt0

>>1の人生は転落どころかまだ始まったばかりじゃないか。若いのに立派な文章を書く。あなたの優しい人間性が伝わってきたよ。
人が成長していく中で環境は大切なのは間違いない。けれど、自分をしっかり見つめられる>>1ならばこの先いろんな未来をつかむ事ができると思う。
陳腐だが未来は自分で築くもの。運命のいたずらこそあれ、自分が舵をとる方向に進んでいくものだよ。良い未来を引き寄せてくれ。応援している


162: 名も無き被検体774号+ 2013/02/12(火) 23:30:47.31 ID:ulkGv15g0

文章がしっかりしてるから、大学生ぐらいなんかと思ったら、中3なんか!
でも周りに甘えて迷惑かけるのはもう卒業しろよ。
ネット然りゲーム然り、自分でコントロールできないものはさっさとやめろ

今まで>>1の人生いろいろあっただろうけど、しんどいこと経験したもん勝ちなんだと思うなあ…。
まだ人生の1/5しか生きてないんだから、まだまだいろんなこと経験して、デザインだって諦めないでくれ!!
>>1が腹くくったらどんな環境でも始められるんだからな




引用元
俺の転落人生語ってく
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1360596035/
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
アクセス
逆アクセスランキング
検索フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。